メインイメージ画像

窓ガラスで出来るセキュリティ対策とは

空き巣は侵入の作業をする際、5分程度時間が経ってしまうと侵入を諦めてしまうことが多いということはご存知ですか、つまり約5分間侵入を防ぐだけで、被害を最小限に留めることが出来るのです。1番侵入確立が高い窓ガラスの防犯強化を行うことで、侵入を防ぐことが出来ます。窓ガラスのセキュリティ対策として、パッと思いつくのが強化ガラスです。強化ガラスは割れにくく、防犯に適していると思っている人も多いのですが、セキュリティ対策としては不十分です。

その理由として、強化ガラスは人などから受ける衝撃には強いのですが、バールなどの衝撃には弱いのです。

さらに、一部分が割れてしまうと、破片で怪我をしないようにすぐ全体が割れてしまうように出来ており、防犯には適していません。どちらかというと、学校やオフィスなどが適した場所です。窓ガラスで防犯対策としての効果があるのが防犯ガラスです。強化ガラスと比べ、割れにくく、一部分が破損しても破片が飛び散りにくいため貫通するまで時間が掛かり、侵入を遅らせることが出来ます。

つまり、防犯ガラスを利用すると、5分以上侵入に時間を掛けさせ、諦めさせることが出来ます。しかし防犯ガラスも、あくまでガラスなので、時間を掛けられると割られるので注意が必要です。

その他の手段として防犯フィルムと呼ばれるものが考えられます。防犯フィルムの特徴は、通常の窓ガラスに特殊のフィルムを張り付けて割れにくくします。

つまりわざわざ窓ガラスを変える必要はないということです。逆にデメリットとして、安価なものは品質が悪く、十分な効果が得られない可能性があるということ、また窓ガラスと比べ劣化が早いため交換をする必要があり、長い目で見ると逆にコストが高くなってしまう恐れがあることです。窓ガラスは、必ず侵入を防ぐというものではなく、侵入を手間取らせて諦めさせるということが目的です。諦めさせることで大事な財産を守ることが出来るので、防犯対策をしっかり行いましょう。