メインイメージ画像

Wi-Fiのセキュリティ対策を考える

Wi-Fiとは何かご存知ですか簡単に説明すると、無線LANでネットに接続しインターネットを行うということです。このWi-Fiなのですが、実は設定によっては犯罪に巻き込まれてしまう恐れなどがあるのです。今回はその危険性とその対策についてご説明します。まず、自宅でのWi-Fiが悪用されてしまう理由として、パスワードが挙げられます。パスワードが簡単なものであったり、人によってはパスワードを掛けておらず、誰もが利用できるような状態の家もあります。

このような状態だと、犯罪者に悪用されてもおかしくありません。犯罪者に悪用されないようにセキュリティを強化しましょう。

対策1パスワードを設定する、パスワードを掛けておくだけで、セキュリティ強化になります。パスワードを掛けていない場合、誰もが利用出来る状態なので利用され悪用される可能性があります。実際に、パスワードを掛けておらず犯罪に巻き込まれた例もあります。

対策2パスワードを複雑にする、今回のWi-Fiのパスワードに限ったことではありませんが、複雑にすることでセキュリティが高まります。複雑で長いパスワードを作る時にお勧めなのが、アルファベットの大文字、小文字、数字、記号をそれぞれ一文字以上利用して作成するということです。パスワードは、20文字以上にすることをセキュリティセンターが推奨しています。パソコンやスマホには一度入力すると、入力したものを保存するので、覚えておかなくても済むため安心です。対策3無線LANの暗号化を強度なものにする、無線LANにも様々な暗号化の種類があります。

暗号化の強度が低い、WEPと呼ばれる物から、WPA2-PSKと呼ばれる一番強度が高い暗号化まで存在します。この暗号化の強度はルータによっては存在しない物もあるので、もし持っているルータが強度の高い暗号化がある場合は、そちらに設定変更することをお勧めします。今回3つの対策をご説明しましたが、この3つの対策をするだけでもセキュリティ強化に繋がります。特に対策1のパスワード設定に関しては確実に行ったほうがいいです。Wi-Fiのセキュリティ強化を行い、個人情報などを守りましょう。