綺麗にリフォームしてもらおう

適当に選ぶと後悔する

業者との相性をチェック

こちらの意見が、通じている業者なのか見極めてください。
もし通じていなかった場合は、希望とはまったく異なる施工を提案されます。
その時は遠慮しないで、キャンセルしてください。
相性がいい業者もいれば、相性が悪い業者も見られます。
相手が悪い業者に任せても、希望通りのリフォームはできません。

どんな施工になるのか、必ず聞いてください。
希望を叶えてもらえなかったら、こちらの意見が伝わっていないと判断してください。
妥協しても、後悔するだけです。
これから何年も暮らす住宅なので、自分が納得できる施工をしてもらってください。
そのため、ゆっくり話し合うことが非常に大切です。
焦っていると、話し合いが適当になってしまいます。

話し合いの時間を確保する

忙しくて時間がないことを理由に、話し合いを短時間で終わらせる人がいます。
それでは意見が食い違って、希望と異なる施工を提案されてしまいます。
希望と異なる施工は、依頼するべきではありません。
問題が生じているからリフォームを任せたのに、何も解決できない恐れがあります。
まずはこちらの希望を伝えて、それに合わせて施工の内容を決めてもらいましょう。

完成予定図を見せてもらうと、希望に合う施工なのかすぐに判断できます。
気になる部分があったら、質問してください。
疑問や不安を感じたまま、施工を任せないように注意しましょう。
業者と信頼関係を築くことが大切なので、気になることはどんどん聞いてください。
いい関係を保ちましょう。


TOPへ戻る