メインイメージ画像

セキュリティ強化に効果のある鍵を交換しよう

泥棒が空き巣に入る場合、事前に下見をするのですが、どこに注目をして下見をするか分かりますか、家族構成や不在時間などはもちろんのことなのですが、侵入場所を考えて下見を行います。この侵入場所を考える時に見られるのが玄関の鍵です。鍵の種類によってはピッキングなどが簡単で、窓ガラスなどから侵入するより簡単な場合もあります。

まずは鍵について知り、他にどのような鍵があるかなど学びましょう。もっとも多くの家で利用されているのが、シリンダー錠です。

鍵穴に鍵を入れて回して開けるタイプの物です。実はこのタイプが一番ピッキングに狙われるのですが、このシリンダー錠にも様々な種類が存在します。ピッキングに1番弱いのがディスクシリンダーと呼ばれるものがあります。逆にセキュリティが一番高い物がディンプルシリンダーと呼ばれる複製が困難の物まであります。もし、シリンダー錠を利用していて、ディスクシリンダーと呼ばれるセキュリティが低い物を利用中の方は、鍵をすぐ変えることを勧めます。

また、現在は増えていますが2ロックタイプの鍵の場合、セキュリティ度合いが1つと比べ倍になるのでピッキングに掛かる時間も長くなるので、お勧めです。

その他の鍵としてあるのが、カードキータイプの鍵です。ホテルなどではよく見かけますが、まだまだ珍しい鍵です。メリットとしては鍵穴がないためピッキングされる心配がありません。

カードキーを出さなくてもタグキーなどを利用して簡単に開けられるものまでメーカーによってはあるみたいです。鍵の紛失の心配がないタイプが生体認識タイプの鍵です。つまり指紋などを利用して開けることが出来る鍵です。しかし、体質によっては肌荒れなどを起こし、何度も認証に挑戦しないといけない場合があるので注意してください。